自宅でヨガ!ヨガマット悩んだらコレ! 筋トレ、ワークアウト、ピラティスにも!

yoga
Photo by Polina Tankilevitch on Pexels.com
この記事は約8分で読めます。

コロナ禍、

自宅でヨガやワークアウトを、始めた、または行っている人は多いと思います。体への負担を減らすためにもヨガマットは必須アイテム。

そこで、自宅で快適に行えるおすすめのヨガマットの選び方ポイントをご紹介します。

まずは、おすすめのヨガマットを紹介する前に、基本的なヨガマットの選び方を学んでいきましょう。

自宅用ヨガマットを選ぶうえで重要なポイントは↓の2点。

・厚さ(クッション性)

・素材(グリップ)

■厚さ(クッション性)

Photo by Pixabay on Pexels.com


 自宅で使用するなら、持ち運ぶ必要がないので、体への負担が少ない厚手のものを選ぶのがおすすめ。クッション性のあるヨガマットを使用することで、体への負担、痛みを軽減できます。
 

1〜2mm(薄め)  持ち運びに便利 

        旅先でもヨガを楽しみたい方に

        ジムなどのマットの上に敷きやすい

   3〜5mm(普通)  一般的に使いやすい主流タイプ

        ほどよいクッションで安定感がある

 6〜12mm(厚め) クッション性に優れている

        重いので自宅で使用するときにおすすめ

        ジムで使用する場合は置きマットとして活用すると良い

自宅のみで使用するなら、6~12mmがおすすめ。この厚さがあれば、骨が痛くてつらい、ということはないと思います。
たまに持ち運ぶことがある、という人は、3~5mmもオススメ。

■素材(グリップ)

Photo by Pixabay on Pexels.com


 ヨガマットは滑りにくさも重要なポイント。ポーズのとりやすさが変わってきます。もちろん、滑りにくいものを選ぼう。
健康のために始めたヨガなのでケガをしてしまっては本末転倒。

■ PVC(ポリ塩化ビニル)  スタンダードな素材
       安価で手に入れやすい
       グリップ力は△
       科学的なニオイがすることも
■PER(ポリマー環境樹脂)  水洗い可能
       エコ素材のマットを探している人におすすめ
       焼却しても有害物質が発生しない



ちなみに今回私が自宅用に購入した商品は↓

ルルレモン ヨガマット 5mm

グリップがしっかりきいていて全然滑らなく快適です。

ポリウレタン素材のトップレイヤーが水分や汗を吸収し、ハードなセッションでもグリップ力を発揮します。

天然ゴムを使用しいるため、ゴムやラテックスアレルギーをお持ちの方は接触を避けたほうがいいと思います。

 

おすすめのヨガマット通販

ルルレモン公式オンラインサイト
いままで使用してきたヨガマットの中で1番グリップがきいているヨガマットです。
今回自宅用に5mmを購入しましたが、持ち運び用に3mmも購入する予定です。
ちなみに、オンラインで購入すると香港からの発送でした。日本国内に実店舗もあるので、実際に触ったり持ってみると良いと思います。店員さんが丁寧に案内してくれます。

スリア suria オンラインサイト
ヨガ初心者におすすめのスリアのヨガマット
私も最初の1枚目はこちらのものにお世話になりました。週1回のレッスンで、6年ほど使用しました。
グリップもきいていて、4mmだったら、重さも約0.9kg と、持ち運びはラクラクでした。

アイテムイメージ

 

ヨギーサンクチュアリ
有名どころマンドゥカやスタイルボードマーケットのマットなど種類が豊富です。
おすすめしたいのは、<eco Yoga>ジュートヨガマット 4mm
天然ゴムと麻の植物由来原料だけで作られていて、
このマットの上でヨガをすると、自然の中で行っている気分が最高です。
ジュート素材には珍しく4mmとやや厚めなので、骨があたって痛くなるということもなく、グリップ力も◎ 裏面が天然ゴム100%なので、床面がずれるということもありません。
初心者から上級者までおすすめ。
重さは、約1.9kg と持ち運びには若干重め。車移動が多い私はそれほど気にはなりませんでした。

使用期間は、週1回のレッスンで5年ほど。表面の摩耗が始まると、次々にボロボロと剥がれていきました。

アイテムイメージ



スタイルボードマーケット
色々な柄が楽しめるスタイルボードマーケットのヨガマット
インテリア使いにも◎
私は外ヨガで使用しています。インスタ映えにも◎
厚さは2mmで持ち運べて、クッション性のある
バランスの良い厚さ。
自宅で使用する場合は薄く感じるかもしれませんが、芝生の上で行う外ヨガでしたら地面が柔らかいのでちょうどよいです。
お手入れも濡れたタオル等でサッと拭くだけで汚れも
落ち、水に濡れても大丈夫な素材なので、家やヨガス
タジオだけでなくお外でのアウトドアやビーチなどの
レジャーマットとしても活用できます。
自宅で使用する際は、(骨が痛くなりやすい著者は)別のマットを下に敷いて行ったりしています。


いかがでしたか。
ひとくちに ヨガマット といっても、多種多様で、選ぶのもなかなか難しいと思いますが、楽しみながら選んでいただけるといいと思います。

自宅メインでの購入を考えているかたは、ぜひ、厚さ に重点をおいて探してみてください。

ターコイズブルーのヨガマット おうちのインテリアやグランピングにも◎

心に残るヨガティーチャーの話

ヨガマットを使ったワークアウトメニュー

・腕立て伏せ
・プランク
・スクワット

タイトルとURLをコピーしました