最近、耳にするようになった「エンパス」とその緩和法について調べてみた

Helthy
Photo by eberhard grossgasteiger on Pexels.com
この記事は約4分で読めます。

共感力が高すぎて疲れてしまう「エンパス」について、調べてみました。

エンパスとは?


 ・共感する感度が高い人のこと
 ・「共感」を表す英単語=empathが語源
 ・他人の感情を自分の感情のように感じてしまう、人の感情に過剰に影響を受けやすい人

エンパスの特徴

Photo by energepic.com on Pexels.com

 ・周りのことがらを自分のことのように受けてしまう
 ・相手がなにもいわなくても本音に気づく
 ・残酷なニュースはつらくて見ていられない
 ・悪口をきいているだけで具合が悪くなる
 ・人が怒られていると自分が怒られているようにつらい
 ・人込みや満員電車が苦手
 ・一人の時間が欲しい

エンパスの種類


 ・体で感じるタイプ・・・フィジカルに身体的に直感的に人のものごとを受けるタイプ
 ・感情タイプ・・・エモーショナルに受けるタイプ 他人の感情を自分のことのように共感共鳴する
 ・思考タイプ・・・相手が言葉に出さなくても自分のことのようにわかる

上記の特徴を見て、私って「エンパス」かも? 不安に思った方、大丈夫です。
自分を理解し、うまく付き合っていく方法はあります。
本来の「自分自身」「自分らしさ」に焦点をあてて、自分なりの楽な生き方を探しましょう。

エンパスを緩和する方法

Photo by Daria Shevtsova on Pexels.com


 誰かこの気持ちを分かってくれないかな…
 エンパスを感じている人は、そう思うこともあると思います。
 でも、、、エンパスを緩和するためには「人」ではなく「自分自身」に働きかけることが必要です。 そう、結局は「自分」。

私が実践して効果が高いと感じたのは「瞑想」(meditation)です。「瞑想」場所を選ぶことなくどこででもできてお手軽です。
とはいえ、「瞑想」はちょっと…という方も大丈夫です。

自分が、好き~♪ と思えること、リラックスできる~♪ と思えることに浸ってください。その時間を長く保ってください。
好きな音楽を聴く、お風呂でリラックスする、、など、「思考が無」の状態、「自分自身がひとつになっている(自分自身とつながっている)」ニュートラルな状態を意識的に作ってみてください。

おすすめのジャーナリング方法

Photo by Jess Bailey Designs on Pexels.com



瞑想も、もちろんおすすめですが、瞑想が慣れていない人も簡単にできる「書き出す」というジャーナリング、
ひとつの方法として、ぜひ試してみてください。私が学んだことのひとつで、わりと即効性のある方法です。

「エンパス」を強く感じた時、紙とペンを用意し、以下のことを書き出してみる。

 ①何が私をそうさせているの?
 ②それは、なぜ?その理由はなに?
 ③②の側にある思考はなに?


誰に見せるわけではありません。正直に書いてみましょう。
書き終わったら、それを、「遠くから眺める」感覚、「まるで他人のごとのように見る」感覚、で捉える。
自分のニュートラルと繋がります。

ここでは、「紙に書きだす」ことが重要なポイントです。
書き出さず、頭の中で行っていると、今までのクセの「思考」が邪魔をしてきます。
紙とペンを用意し、一度ぜひ実践してみてください。

終わりに


エンパスは、(現時点では)数値化できない、から、比較的あいまいなゾーンで片付けられてしまいます。そのため世間からの理解も現時点では乏しい状態です。

目に見えないことに対しての感度を持っているという自分自身に、自覚意識を持ち、理解を深め、エンパスを緩和するためできることを実践してみよう。
瞑想、瞑想状態になれる好きなこと、ジャーナリング、などがおすすめです。
自分と繋がっているニュートラルな時間を沢山作りましょう。
エンパスを感じている時間<自分と繋がっている時間 

Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

コンセプトスタジオ Veda

 東京・南青山で厳選された講師勢によるyogaスタジオ
オンラインクラス『Cocoon(コクーン)』はプログラム豊富
ヨガ以外にも、「マインドフルネス」「ポジティブイングリッシュ」など
心を元気にするメニューがいっぱい。

IGNITE YOGA

東京・原宿にあるヨガスタジオ
「lululemon」の原宿店の2階がスタジオです。
2020年10月中旬からオンラインスタジオオープン予定。
ヨガの他、瞑想のクラスもあるそうです。

suwaru | オンライン瞑想 | マインドフルネス

瞑想界をリードするニーマル先生の瞑想スタジオ。
オンラインセッションもあります。



タイトルとURLをコピーしました