心に残るヨガティーチャーの話 vol4 ”瞑想の正解”って?

lake atitlanyoga
Photo by Roberto Nickson on Pexels.com
この記事は約5分で読めます。

瞑想(メディテーション)を生活に取り入れて

じわじわと、、、ですが、

確実に、気持ち、心にゆとりと安定を感じています。

そんな瞑想に関するヨガティーチャーのお話。

photo of leaves
Photo by Madison Inouye on Pexels.com

ヨガを終えてシャバーサナになったとき

”何も考えていない静かな時間、静かな自分” 

がいるときがあります。

これって、一種の瞑想状態。



何も考えない静かな感覚、瞑想が苦手という人も多いと思います。

座って、さあ瞑想しよう、と瞑想をしていると、

「この瞑想あってる? 間違ってる?」

そもそも「瞑想の正解って?」

「どういう状況が正解?」

瞑想を始めた人、もうずっと行っている人も

こんな感覚、疑問 あると思います。



なんとなく…

静かに座る、何も思い浮かばない、自分自身が静か、落ち着いている

こんな感覚が正解かな? と思うことも。

「瞑想の正解」は人によって違う、その日によっても違う

「自分自身がいい」と思えるその感覚が

今の自分にとっての正解

正解を求めがちだけど

瞑想をする前より、ちょっといい感覚、状態になれたその感覚を

大切にして、

いい状態のマインド、そのエネルギーを周りの人に伝えていく

その連続が「いい自分」を作っていく

自分自身が「いい」と思える感覚

これを感じられたら、それでいい。


ヨガティーチャーは、

心も体も安定している人が多いと私は感じますが

ヨガティーチャーももちろん人間で

色々なこと、心がざわつくこと、もちろんあるというお話も

ヨガティーチャー自身からよく聞きます。

ヨガ生徒としては、ちょっとほっとします。

瞑想も然りで、瞑想が苦手なヨガティーチャーもいらっしゃるようです。

そんなヨガティーチャーからのお話でした♥

タイトルとURLをコピーしました