ストウブstaubでスープカレー 簡単・美味しい 材料を入れて煮込むだけ!

スープカレーStaub
この記事は約4分で読めます。

スープカレー

 

お店で食べるようなスープカレーが、

無水料理が得意なストウブで簡単に美味しくできます!

 

材料を適当な大きさに切って、カレー粉、塩を入れて煮込むだけ!

 

今まで、ハウスさんの「スープカリーの匠」で作っていましたが、

負けず劣らず、です。いや、勝っているかも(^^♪

 

材料も自分で納得しているものだけで作れるので、カラダにもお財布にも優しく安心です。

 

ストウブsatubでのスープカレーの作り方

 

材料

基本の材料

・手羽元4本

・玉ねぎ 1個

・にんじん 1本

・キャベツ 1/2個

・セロリ 1本

・ローリエ 1-2枚

・カレー粉 小さじ1

・オリーブ油 大さじ1

・塩

 

その他 お好みで。

基本の材料より多くなる場合は、塩、カレー粉の量を調整してください。

・しめじ

・かぼちゃ

・じゃがいも

・なす

・ゆで卵

・ごぼう

・ピーマン

 

 

 

作り方

  1. 野菜は食べやすい大きさに切る。手羽元に塩を振っておく。
  2. 鍋にオリーブ油を入れ、キャベツ・玉ねぎ・手羽元・そのほかの野菜の順で入れる※
  3. カレー粉、塩こさじ1/2を入れてローリエをのせる。
  4. 蓋をして中火にかけ、蓋のすきまから蒸気がでたらごく弱火で40分程加熱
  5. 煮汁から出ている野菜を木べらなどで押し込み、蓋をして冷めるまで放置(加熱調理)
  6. お好みでブラックペッパーを振る

 

※鍋の下のほうに水分が出やすい野菜を入れておく

※じゃがいもなど煮崩れしやすい野菜を入れる場合は、時間をずらして入れる(3、で20分程経過してから)

※じゃがいも、ごぼう、なす、かぼちゃ、ピーマンなどは素揚げをしてトッピングすると本格的!

⇒ストウブは揚げ物も得意です!

 

 

こちらは22㎝のピコで作ったもの。

 

ストウブでスープカレー

 

溢れんばかりぎゅうぎゅうです(笑)

蓋でぎゅーっと押して閉めて加熱開始。

 

ストウブでスープカレー

 

 

こだわりポイント!

調味料はカレー粉と塩のみなので

塩は美味しい天然塩を使います。

 

 

おすすめの塩はフランスゲランドの塩

この塩は私が通っている薬膳教室の先生が使用している塩で、どんな料理も美味しく仕上がります。

シンプルな味付けの時こそ使ってほしい天然塩です。

もちろんミネラルたっぷりで体にも◎

 

顆粒のものはこちら

 

 

微粒のものはこちら

 

 

 

勝間和代さんがおすすめの天然塩はこちらです。

浅漬けや味噌等の乳酸菌や麹菌もよく育ち、発酵に適した塩です。

 

 

 

スープカレーが大好きで、そらちの「札幌スープカレーの素」や、

ハウスの「スープカリーの匠」をよく使っていましたが、

 

市販の素を使わずに、作れないかな、と思っていました。

 

料理サイトでランキング上位のもので、市販の普通のカレーのルーを少し使ったレシピもありましたが、

 

市販のルーを使うと、小麦粉が入っているため、少なく使ってもトロっとして

 

スープではないんです( ノД`)

 

 

ストウブでこんなに簡単にしかも本格的な味に出来上がるなんて、

目から鱗、灯台下暗し でした。

 

むしろ、ストウブだからこそ、シンプルな料理が引き立つのですね。

ホントにおすすめのレシピです♡

 

 

 

 

 

オマケ

 

皮むき器は断然コレ!

 

OXO(オクソー)の縦型ピーラー

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました