旭川空港で何食べる? 北海道旅行の〆におすすめ北の美食。食べ忘れ防止に!

旅行
この記事は約5分で読めます。

美味しい食べ物がいっぱいの北海道。

旅行中に効率よく北の幸を食したい!

旅の終わり、空港(今回は旭川空港)でも

まだまだ間に合います!

 

旭川空港で、食べたいおすすめの北海道の味をご紹介♩

わざわざ空港に行っても食べたい逸品ばかりです。

ぜひ参考にしてほしい♡

 

旭川空港で食べることができる北海道の美味しい食べ物

 

 

旭川空港2階には、北海道の美味しいものが集結した

フードコート(2019年9月オープン「そらいち」)があります。

 

旅行中に食べられなかったもの、もう一度食べたいものを

食べる最後のチャンス!

 

北海道の名店が並び、フードコートなので

家族や友人、それぞれが好みの食べ物を一緒に食べることができますよ。

 

鉄板焼 旭人

フードコートでは珍しいカウンタースタイル

(もちろん、フードコート内テーブル席でも食べられます)

鉄板で焼き上げる光景を、目の前で見ることができます。

 

嬉しいのはお味のみならず、お値段も!

コスパ最強のお肉です。

おすすめはやはりジンギスカン!

 

ジンギスカン定食

 

黒毛和牛ステーキ

 

鉄板焼 旭人 旭川空港店

〒071-1562
北海道上川郡東神楽町東2線16号98番地
旭川空港ターミナルビル2F
フードコート そらいち内

TEL / 0166-76-5290

営業時間/ 11:00〜20:00
定休日/無休
駐車場/空港駐車場利用可(サービス券有り)

 

 

梅光軒

海外にまで店舗が広がっている梅光軒は懐かしいお味。

50年以上前からとんこつ&とりがらの動物系と煮干し&昆布のWスープは旭川発祥とか。

 

醤油バターコーンラーメン

醤油バターコーンラーメン

 

バターコーンラーメンは味噌だけ!と

信じ込んでいた自分を恥じたい。

 

こんなに美味しい食で旅を追われる幸福感♡

そして旅の終わりにはいつもビールが♩

ビールもやっぱりサッポロ(北海道)です。

 

二條亭

今回、旭川空港フードコート「そらいち」で

一番食べられていたのがこちらの海鮮丼!

 

 

フードコート内にいる人々が

それはそれは美味しそうに、幸せそうに食べておりました!

 

海の無い旭川、都市間の中継地点として発展してきたため、

新鮮な海産物は手に入るそうです。

 

やっぱり北海道と言えば海の幸!

海鮮で締めくくるもよし◎

 

 

 

 

一久大福堂 旭川空港店

 

大正13年に創業した旭川を代表する老舗和菓子店。

「もち処一久大福堂」を代表する大福や串団子、まんじゅう、どら焼き、

最中などの和菓子が並んでいますが、ジュース、ソフトクリームなどの

カフェのメニューも用意されています。

メロンソフト

「白玉ソフトぜんざい 450円」が「当店イチオシ」と書かれていました。

 

 

 

ミルクスタンド エスペリオ(MILK STAND esperio)

旭川空港が拡張される前から営業している

おなじみのミルクスタンド

 

 

紋別で有機にこだわって牛を飼育しているノースプレインファームの

新鮮な「おこっぺ牛乳」を使ったソフトクリームが人気です。

 

 

 

メニュー/
ソフトクリーム 380円
ミニソフト 300円
コーヒーゼリーソフト 480円
ハスカップ掛けソフト 530円
キャラメル掛けソフト 530円
チョコレート掛けソフト 530円
オホーツクおこっぺ有機牛乳 びん牛乳(大)200ml 250円、(小)90ml 180円
ホットミルク 300円
コーヒー 300円
おこっぺラテ 400円
りんご100%ジュース 300円
みかん100%ジュース 400円
クロワッサン 324円 (ドリンクセット 500円)
たまごと牛乳のプリン 300円
はちみつプリン 350円
キャラメルプリン 350円

 

旭川空港で北の幸を食そう! まとめ。

 

旭川空港のフードコート「そらいち」は

北海道の幸、美味しい食べものがずらりと並ぶフロア。

フードコートならではでお財布にも優しく、

出発前にささっと食べることができるのも嬉しい。

 

「美瑛・富良野観光」からの移動経路から考えても

寄りやすい場所にあり、

何を食べようか迷ったときにもおすすめです。

 

 

宮古島で満天の星が見れる場所・まるで天然プラネタリウムでスゴイ!!!!!

タイトルとURLをコピーしました