ヨガ八支則とは ヨガの教えを取り入れてストレスフリーな生活を

yoga
この記事は約4分で読めます。

楽天ブラックフライデー

 

ダイエットや健康法としても

ブームになっているヨガ

 

ヨガを深めると

本当にいいことばかり

 

もう少し深くヨガを追求するために

ヨガ「八支則」について

わかりやすく解説します。

 

ヨガを実習するための8つの教え「八支則」(はっしそく)

 

ヨガ「八支則」(はっしそく)とは

ヨガにおける基本の考え方であり、

ヨガの最終目的である「悟り」に

自分を導くための8つのルールです。

 

ヨガの経典「ヨーガスートラ」に

載っているヨガ哲学の基本的な教えです。

 

わかりやすく解説していきます。

 

 

「ヨガ」はマットの上で

体を動かすイメージが強いですが

精神面の充実も目的としていて

日々の生活においての

心の持ち方、行動指針も重要な要素となります。

 

ヨガ八支則(ヨガの教え)を理解し

実践することで、

ストレスの軽減が期待でき

心穏やかに過ごすことができます。

 

ヨガ八支則の内容 ヨガ的人生を構成する8つの要素

教え内容
①ヤマ 思考のヨガ日常生活でやってはいけない5つの行い
②ニヤマ 思考のヨガ日常生活で実践すべき5つの行い
③アーサナ マット上で行うヨガ肉体を整えること
④プラーナヤーマ 日常のヨガ心と体のバランスを整えること(呼吸法)
⑤プラティヤハーラ 日常のヨガ五感と仲良くなること
⑥ダーラナ 日常のヨガ瞑想(集中)の始まり
⑦ディヤーナ 日常のヨガ瞑想を保つこと
⑧サマーディ 日常のヨガ瞑想の安定、悟り

 

ヨガ八支則の土台となるふたつの教え「ヤマ」「ニヤマ」

 

ヤマ(日常生活ではやってはいけない5つの行い)

自分自身を信じる力が育ちます

  1. 傷つけない(アヒムサ)…睡眠を減らすなど自分をきずつけるほど頑張りすぎないこと
  2. 嘘をつかない(サティヤ)…自分を飾ることなく”ありのまま”でいましょう
  3. 盗まない(アスティヤ)…時間・場・人・ものなどを、”自分のもの”と抱え込まず、すべてに感謝や敬愛の気持ちを持ちましょう
  4. 欲張らない(プラフラマチャリヤ)…自分のエゴを見つけ、理解し、見直しましょう
  5. むさぼらない(アバリグラハ)…エゴを育てすぎると依存症となり、自分の力では戻れなくなるので注意

 

ニヤマ(日常生活で実践すべき5つの行い)

心の豊かさが育ちます

  1. 清潔にする(シャウチャ)…自分自身も、スマホの中も、身の回りもすっきりと清潔に保つこと
  2. 満足する(サントーシャ)…新しいことや流行りのものに飛びつく前に、必要かどうか自分に説いてみよう
  3. 好きなことをする(タパス)…心がときめくことを定期的に楽しもう
  4. 学ぶ心を持つ(スヴァディアーヤ)…好奇心を大切に、いつでも”初めてを学ぶ心”を持ちましょう
  5. 夢や目標を持つこと(イシュワラ・プラニダーナ)…「健康でいたい」「魅力的な人になりたい」など、どんな自分でありたいかブレない軸を持ちましょう

 

 

マットの上で行うヨガ「アーサナ」

アーサナ

ヨガのポーズ

瞑想をするための座法(ポーズ)を

身につけるための練習をすること

 

 

日常のヨガ「プラーナヤーマ」「プラーティヤハーラ」「ダーラナ」「ディヤーナ」「サマーディ」

プラーナヤーマ

呼吸と体・心をつなげることに意識を向けること

心と体のバランスを整えること(呼吸法)

 

プラーティヤハーラ

感覚への意識を深め、コントロールすること

五感と仲良くなること

 

ダーラナ

一点集中 意識を特定の対象物に長時間向け

心を集中させる状態

瞑想(集中)の始まり

 

ディヤーナ

瞑想状態 積極的に集中することもなく、

深い静かな精神でいられる状態

瞑想を保つこと

 

サマーディ

ヨガの最終目標

瞑想が深まり。集中の対象との

一体感を感じている状態

心の平静を保つ精神的な喜びを感じ

至福とされています

瞑想の安定、悟り

 

まとめ

ヨガ八支則

学ぶことにより

よりヨガの魅力に惹かれることと思います。

ひとつひとつを奥深く体感することが

大切です。

 

毎週土曜の朝はハワイからのオンラインヨガ

ヨガウェア 2021年 おしゃれで機能的なヨガウェア ヨガ初心者にもおすすめ厳選ヨガブランド

タイトルとURLをコピーしました